スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Lycee GP final 2014 使用デッキ

4 玉泉日和子
4 大蔵りそな
4 西園美魚
3 松永燕(平蜘蛛)
2 松永燕(宣伝)
2 ユルシュール・フルール・ジャンメール
2 黒カリーナ
1 リリアーヌ・セリア・ラグランジェ
1 桜守姫此芽

4 巫女のみ焼き
4 変身コスプレ君
4 サンタのお姉さん
4 筆談
3 毒電波
2 フォトンセイバー
2 黒真珠の書
2 曖昧な記憶
2 水族館
2 スケさんカクさん
1 時空転移

4 感謝
1 偵察
1 決戦武装平蜘蛛
1 黒魔術

月雪のコントロールデッキです。
ころげてコンよりも打点が高く、月単よりも回復、相手キャラの盤面に出た後の処理に長けており、よりパワーのあるデッキであると感じています。
各カードの細かい使い方は次の記事で書きます。
この記事ではデッキ全体のことについて書きます。
解説にカード名の略称を用います。記事の最後に略称の説明があります。

・デッキの思想
月単はジェットストリームパック5でたまひよ、UFJにより大幅に強化され、これまでのトーナメントで散見されました。
しかし、あまり芳しい結果は残っていなかったように見受けられます。
その月単が抱えていた問題を解決したのがこのデッキです。
まずは月単がどうして勝てなかったのか、僕の考察を述べます。

月単が、たまひよ(+羽々音小鳥&アベニュー)でハイパードローし、AFのユルシュール、燕で殴りつつ、残りハンドでカウンター(+奪取)をして打点差を付けていくことを目指すデッキだと仮定します。
先手番なら、たまひよ&UFJ着地→カウンターという非常にシンプルな流れで勝つことができるデッキです。

問題は後手番になったときです。
UFJはかなりのパワーカードですが、登場する前に相手が手札を使いきってしまうと出せなくなります。
こうなると、こちらはAFの打点不足、相手には展開を許しているので、非常に厳しいゲームになります。
そのため、相手に手札を残させてターンを貰う工夫が必要になります。
偵察/藤枝あやめを使う方法が考えられます。
あやめを使ってロックする方法は、あやめ登場に使う手札がたまひよのドローへ負担をかけるため、相手が先手番の初手ではあやめを出せず、2ターン目以降にあやめを登場するとなると、UFJを有効に登場できるのは3ターン目以降になってしまいます。
UFJの登場が遅く、この展開だと回復力の弱い月単では勝つのが難しくなります。
偵察も、仕事できるのが相手の2ターン目からなので、同じようなことが起こります。

この問題を補うのに、西園美魚(+筆談)を採用できる雪との混色にしようという考えになります。
りそな&感謝のセットは小鳥&アベニューよりもハンド負荷が軽いので、混色にしても回るだろうという算段が立ちます。
UFJを綺麗に出すための工夫としては偵察を採用しました。

・回し方
デッキ全体が相性の良いカードで固められてますので、型にはまった回し方が要求されるのではなく、
キャラを並べる優先順位をある程度理解していれば手なりに回せます。
理想的な盤面として、たまひよ、りそな&感謝、美魚、燕、UFJを揃えるのをしっかり目指していきます。
前述のUFJの弱点を補って、綺麗にUFJを登場させることは意識します。

1.先手番の場合
ドローソースを並べてUFJを出せば、後手番の場合より圧倒的に簡単に勝てます。

2.後手番の場合
- 相手の先手1ターン目
たまひよが無く、サンタ/空転があるのであれば、使用してたまひよをサーチします。
たまひよへのアクセスを確保した上で、サンタが手札にあるなら、サンタでUFJを登場して相手を妨害します。
- 自分の後手1ターン目
たまひよ着地はマストです。
りそな、燕、UFJ、西園の優先順位でこれらを並べます。
- 相手の先手2ターン目以降
適宜筆談、フォトンセイバーを撃ちながら、盤面を完成させ、毒電波でキャラ登場を許さずに打点レースを有利に進めていきます。
最終的には燕、UFJ,リリアーヌor此芽or黒カリーナの3列で殴る形にしてゲームを終わらせます。

・環境の各デッキ相手の不利/有利
有利:対花単、ころげて、オーガスト、戯画、cube
不利:対みなと
互角:対alcot

- 対花単
此芽にアクセスできれば夕音や夢子、杏を心配しなくても良くなるので有利に立ち回れます。此芽が出なければ互角程度になると思われます。ハーモニカを貼られる枚数が少ないほど楽です。
-対ころげて
意趣返しが面倒ですが、紗音に対する毒電波だけでデッキが瓦解するので有利かと思われます。
-対オーガスト
キャラの種類の少ないデッキなので、平蜘蛛と筆談を決めた後は偵察や毒電波でキャラ追加を妨害すれば勝ちやすいです。プリンを貼られた後はあまりハンド枚数で勝負しないほうが良さそうです。
-対戯画
フォトンセイバーで絵奈を全て抜いた上で、リーナを除去、カウンターし続ければこちらのDFを貫くのが難しく、勝てます。
リリアーヌが強いです。
-対cube
キャラが重く、ドローソースが弱いので勝てます。
-対みなと単
クリスマスナイト、クリス、マルギッテ、ハロウィンが非常に辛い。
クリスマスナイトを通したら負けですが、リリアーヌとUFJでしっかりハンデスを決めることで勝てることがあります。
-対alcot
先手でオートゥム/灯を出されたら返しで燕が揃わないと負けます。
逆に先手番を取ればドローソースやUFJを先に置けるので、オートゥム/灯にも対処してかなり有利にゲームができます。

略称説明
たまひよ:玉泉日和子
UFJ:ユルシュール・フルール・ジャンメール
サンタ:サンタのお姉さん
空転:時空転移
スケカク:スケさんカクさん
アベニュー:ランチタイム・アベニュー
クリス:クリスティアーネ・フリードリヒ
ハロウィン:川神ハロウィン
灯:吉備津宮灯

コメント

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。