スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リセGPファイナル優勝しました!

リセGPFinal優勝しました。
昨年は2位で悔しい思いをしましたが、今年はワンキルでしっかり勝つことができました。
デッキがとても強かったのだと思います。
とはいえ、ワンキルも使っているうちに愛着も湧くもので、確かにワンキルは強いデッキですが、仮に勝てないとしてもなんとしてもこのワンキルを使ってやろうという思いにもなっていました。
自慢のワンキルを披露できて、勝利の栄冠をつかむこともできて本当に良かったです。
GP1st,2nd,東京フェスタ、そしてファイナルとワンキルを使い続けての優勝ですので、喜びもひとしおです。
ワンキルは使えば勝てるというほどは甘くありません。是非、この記事を読んでデッキをコピーして、回してみてください。

以下、レシピと解説です。
4 コミュニケーション
4 お宝探検隊
4 フィアッカ・マルグリット(二重人格)
4 曖昧な記憶
4 巫女のみ焼き
4 神尾観鈴(夏休み)
4 チートコード
4 味見
4 蝉丸繰莉
4 サーヴァント召喚
3 リースリット・ノエル(喫茶店の目玉)
3 予習
2 変身コスプレ君
1 感謝
1 ナナカマド
1 アサシン(zero)
1 向坂環(順風満帆)
1 白玉
1 松風
1 ユキムラ魔法のアイドルステッキ
1 惚れ薬
1 マドレーヌ
1 コレット・アナスタシア(盲目の聖女)
1 夏海里伽子(元チーフ)
1 激辛そば
60


デッキの細部の調整の解説もしたいのですが、まずはギミックを解説します。
簡単に言うと、フィアッカとリースリットが登場のたびに未行動状態になるので、それにサーヴァント召喚から登場した環が順風満帆を言い続けて無限ドローします。この動きのためには常にデッキに戻ったフィアッカを引き続ける必要があるので、お宝探検隊でデッキの枚数を減らして少ない枚数でループさせます。
純粋な必要ハンド枚数は、場のフィアッカ2ハンド、サーヴァント召喚3ハンドで、最小で5ハンド。お宝探検隊使用したりの事情で、もう少し多かったりもします。お宝探検隊でのサーチを考えると4枚コンボで、アカシマや湊斗光ワンキルと比較して必要ハンドもパーツ種類も少なく、非常に優秀なワンキルです。後攻1ターン目にナナカマド+チートコードで4ハンド消費してなおコンボを決めうるといえばその優秀さが窺えるかと思います。
フィアッカが2枚必要なのでちゃんと握れるのかと不安になるかとも思いますが、コミュニケーションで落とされたフィアッカは比較的喫茶店の目玉でデッキに戻りやすい点がその弱点を補完しています。
手札にフィアッカ1枚、二重人格を言ってデッキボトムにフィアッカ1枚、場に環とリースが隣接して登場している状態からループ開始します。
ステップ1:喫茶店の目玉
ステップ2:リースに順風満帆
ステップ3:コンバージョン(ペナルティで1点破棄)
ステップ4:(必要があればコストにリースを切って)フィアッカに順風満帆
ステップ5:二重人格
ステップ6:ステップ1に戻る
喫茶店の目玉のキャラ2点回復と二重人格でデッキが3枚回復し、順風満帆*2とリースのペナルティでデッキが3枚減るので、ループでデッキの枚数は変わりません。
ステップ2、あるいは4でフィアッカを引くことになります。
そのためには、ループ開始時(ステップ1の前に)に、デッキが3枚か4枚である必要があります。これらのループを3枚ループ、4枚ループと名付けておきます。3枚ループではステップ4でフィアッカを引き、4枚ループではステップ2でフィアッカを引きます。
ループを繰り返すうち、ゴミ箱のキャラの枚数は減り、最終的にゴミ箱のキャラがいなくなります。
さて、ループが完成したところで、無限のドローを打点に還元しなければなりません。
アサシンを1枚だけ積んでいるので、これを引いて、何度も出し直せばいいのですが、同じループを繰り返していては、安定してアサシンにアクセスすることができず、時間切れの可能性が出てきてしまいます。
ループに含まれるドローのうち、1枚はフィアッカを引くとして、残りの1枚のドローで何を引くかがランダムなのです。アサシンが2点回復に含まれる時、1枚目、2枚目のどちらかにより、順風満帆で引けるか、リースのペナルティで落ちるかが決まってしまうのです。
しかし、安定してアサシンにアクセスする方法があります。アサシンがステップ1で回復したとき、それが1枚目と2枚目のどちらかで、3枚ループと4枚ループを使い分ければ良いのです。
3枚ループで回しているときに、ステップ1の回復の2枚目がアサシンだったとき、3枚ループを続けているとそのアサシンは引けずに落ちてしまいます。このアサシンを引くために、ステップ2を省略します。するとデッキが減らず4枚ループに移行し、ペナルティで落ちるカード、順風満帆で引けるカードがずれ、アサシンを引けるようになります。
4枚ループでアサシンを引いたら、3枚ループに戻します。4枚ループから3枚ループに戻すためには、ゴミ箱のキャラ1枚の状態でステップ1の回復をすれば良いです。
アサシンを引いたら、元チーフとあわせて5点ずつ刻んでいきましょう。

よく見かける、特殊能力に対処しなければならないキャラを色ごとに挙げます。無限ドローコンボを起動してからのマドレーヌで間に合う相手と、コンボ起動前に対処しなければならない相手(下線)がいて、後者のほうが手札負荷が大きくなります。
日:夏川愛未仲村往水エポナヒイラギ・カエデ、平賀輝、袁術・美羽、あーちゃん先輩(花火警戒、ネコナイトは無問題)
宙:フランチェスカ渚千夏大鳥花枝此花ルチア(シャイニングフィスト)アーチャー
花:上月澪秋坂なつき小林結月前園・クラリッサ・皐久万梨金鹿、西村このみ
雪:月宮あゆ(お願い、食い逃げ)、八城十八鈴緒マーリン陸奥榛名七里由馬中津静流(フーキーン)、聖沙・B・クリステレス、アヴリル
月:フィリ亜多良巫鳥竹河いばら
平賀輝はループを崩しそうに思えますが、順風満帆が対応で何度も言えること、コンバージョンに対応できないことなどから、3枚ループでフィアッカを引くのを止めることができません。聖沙は中央列で無限ドローコンボを決めるようにすれば問題ありません。ヒイラギ・カエデ、フィリ、七里由馬はナナカマドを貼っても問答無用でターンを渡すことを強要される凶悪なカードです。月宮あゆ(お願い)は、ナナカマドやマドレーヌの他、ほれ薬でも対処できます。夏川は採用率が高く、日絡みの意趣返しの採用のしやすさも相まって非常に厄介なカードですが、フィアッカを3枚握りこむことができれば、ループ完成してからのマドレーヌでも間に合います。袁術も採用率の高いカードで、ループ自体は阻害されず、アサシンのアグレシッブを消されるためナナカマドを貼る必要のあるカードですが、実際の問題として蝉丸のエスケープを消されるため、ナナカマドや激辛そばを強要されることも多いです。フィリやいばらを採用するデッキはコスプレ君や感謝を採用していることも多く、ナナカマドで対処できないときは激辛そばで対処することになります。

最も懸念すべき負け筋は、日絡み相手で意趣返しでターンを渡すことを強要され、先述のナナカマドが必要なキャラを並べられ、ハンド枚数が足りなくなるケースです。アグレで殴られる上に、焼却のリスクもあるため、ゆっくりすることができません。新聞部の井上は入ってないまたは引けていないことを祈りましょう。
また、月空転相手も難しい戦いを強いられます。相手の時空転移は、カウンターカードではなく、いばらとフィリのサーチカードと考えましょう。そうするとなかなか通すわけにはいかず、極力予習できるように立ちまわることになります。逆にこれらに対処できればあとは普通のデッキと大差なく、チートコードから普通にコンボを決められます。

間桐慎二はこのデッキには効きません。はじめは無限ドローで此芽を出して対応するつもりでいましたが、此芽がなくとも、フィアッカを複数枚握った3枚ループの状態でステップ2の前でアサシンが殴れば、間桐慎二2枚同時落ちにまでなら対応できます。

コメント

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。