スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

lycee GP Final 2013

優勝できませんでした。

使用デッキ:久寿川ささらワンキル

4 いなり寿司
4 チートコード
4 曖昧な記憶
4 坂上がり
2 白鞘伊代
2 透舞のん
1 如月美冬(結婚披露宴)
1 強制言語プログラム
1 ナナカマド
3 巫女のみ焼き
3 サンタのお姉さん
3 黒真珠の書
1 夏の星座
1 夏侯淵・秋蘭(怒りの秋蘭事件)
1 レヴィアタン
4 トラブル
1 コミュニケーション

4 つまみ食い
4 モデル
2 久寿川ささら(生徒会長の力)
2 魔力制御
2 ハーモニカ
1 卵焼き
1 ヒーリング

3 テレビゲーム
1 万能宇宙戦艦パラダイス号

ギミックの説明、メタ読み、回しかたなど、デッキ解説はまた別の記事に。

対戦レポ

1回線:オーガスト単(みここさん) 先手
初手マリガン、相手のデッキはオーガストが予想されて、先手後手で勝率に結構な差のでる相手なので、先手を取れたのはありがたかったが、事故気味だったのでハーモニカを貼り、相手ターンに相手がコミュニケーション始動ならチートコードを撃つつもりでターンを渡す。
果たして相手のデッキはオーガストだったが、的中もコレットも入ってなかったようでチートコードも撃たずに(しかもムーンライトのバーンで相手ターンにチートコードが落ちてハーモニカドローが入って)勝ち。
夏侯淵を6コストで出したかどうか、覚えていない……

2回線:月日雪死の線(あるじさん) 先手
こちらのアクション対応で味見で手札を回されたが、どうやら対抗策は引かれなかったらしい。
時空転移あやめを警戒して夏侯淵を6コストで出し、その後問題なさそうに回ったが、如月美冬の10点を大して確認せず、ヒーリングが落ちたことを見逃し(普段ならあり得ないミス)、デッキを掘りきってから気付いてからゴミ箱からの回収に走るも、それまでに余分なカードをゴミ箱に落としすぎたこともあって拾えずに負け。

3回戦:リーフ単(むちゃそさん) 先手
リーフ単を予想していて、リーフ相手はサンタのお姉さんエポナを警戒してターンを渡してからチートコードを撃ちこむと決めていたので、少しデッキを掘ってからハーモニカ(巫女のみ焼き指定)を貼ってターンを渡す。
珊瑚、マルチ、環、緒方理奈と展開され、手札2枚まで減らされたのでサンタのリスクも無く、結局チートコードは撃たず。ターン貰ってからバッティングが巫女のみ焼きに飛んできただけだったので、そのまま勝ち。

4回線:リーフ単(げんごろーさん) 先手
先手取られて、まーりゃん契約で手札回して珊瑚エポナ環置かれてターン渡される。相手の手札は少なく、イベントの警戒はしなくても良いらしかった。エポナ登場対応の巫女のみ焼きでナナカマドを引っ張っておき、ナナカマド貼ってから殺しにいくも、今度は如月美冬で落ちた白鞘伊代を見逃して、サンタのお姉さんを空撃ちしてしまい、手札が足りず負け。

去年に引き続き今年も優勝して、ファイナル2連覇したかったものの、達成できず無念です。少しメタ読みを外すなど、構築は完璧とは言えませんでしたが、回転率、妨害への耐性など鑑みて、優勝するには十分なレベルだったと思っているだけに、残念です。直接の敗因は、先にも書いた通り、プレイミスです。通常ではあり得ないレベルのミスで、その原因は寝不足とデッキ回しの回数の少なさに起因するものですが、その経緯を書いておきます。

ささらのワンキルのギミックは9月の時点で完成しており、あとはメタを読み、細かい調整をするだけでした。しかし、オーガスト単の的中と(空転+)コレットを超えるだけの構築をなかなかすることができず、デッキ構築が難航していました。結果を見れば的中入りのオーガストは多くなかったようで、環境読みを誤った杞憂という面もあります。11月の末頃からは大学の卒業試験で忙しくなり、GP 3rdにも出られないほどで、調整の時間が取れなくなり、みるろんぱ君に協力をお願いして調整していくことにしました。試験のスケジュールの都合、調整の時間が取れず、ファイナル前日の調整になりました。オーガスト単とリーフ単、日単を超えるために調整を重ね、満足のいくデッキが完成した時はファイナル当日の朝7時で、新しくチューンしたデッキを十分に回し慣れる時間も、睡眠時間もありませんでした。

卒業試験と重なっているし、大学を卒業できなかったら元も子もないので、GPファイナルは気楽にいくか、ぐらいに思っていましたが、いざデッキやギミックのレベルが十分となってみると、優勝できなかったことが大変に悔しく思えてきます。また、優勝できなかったために、大してこのデッキが認知されないままエラッタによって失われていくのではということも悲しいことに思います。去年の順風満帆二重人格ほどのパワーではないにしろ、3ヶ月温めたギミックなのですから。

さて、ギミックやデッキの素晴らしさを訴えたところで、以下が今回のファイナルの反省点です。

・スケジュールの管理の至らなさ
・悪条件下ではパフォーマンスが低下するということへの認識の足りなさ
・悪条件下でのパフォーマンス低下そのもの
・メタ読みの失敗(そこまで直接的に重大ではない)

つまり、ほとんどの反省点はリセそのものの外にあります。これらは、十分に調整の時間のあって優勝できた去年のGPファイナルでは問題にならないことでした。今回のGPファイナルは、普段の生活レベルで僕に足りないものが何かをよく分からせてくれました。来年の各GPでは、これらの問題は解決したいところです。

来年もカードプールの許す限りワンキルしていこうと思います。よろしくお願いします。
スポンサーサイト
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。