スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オーガスト単1kill

4 コレット・アナスタシア(3.0,盲目の聖女)
4 フィアッカ・マルグリット(2.0)
4 リースリット・ノエル(4.0)
1 リースリット・ノエル(3.0)
4 ミリィ
2 広瀬柚香
1 遠山翠(4.0)

4 天使様
3 ムーンライト
2 コミュニケーション
4 時空転移
4 輸血パック
1 身代わり
4 激辛そば
4 味見
4 トラブル
4 ランチタイム・アベニュー
4 時空転移プリン
2 スーパー幼なじみ

60

発売前なのでまだ回せていない(つまりまだ煮詰められる可能性はある)ですが。再びフィアッカ絡みのワンキルが登場した喜びと早期エラッタのために公開します。

まず、ワンキルの根幹のギミックを説明します。ムーンライトを撃つとフィアッカとリースが登場する度にバーンが入ります。4.0リースだとフィアッカがボトムに溜まりきると動けなくなりますが、3.0リースを使い、リースの能力で回復してからボトムに戻ったフィアッカを無限に引くことで登場を繰り返します(4.0リースだと回復が無いのでドローするとデッキ切れが起きます)。ボトムのフィアッカをドローする手段として、ミリィ+時空転移プリンのギミックを利用します。ミリィはコンバージョンして手札に戻ってきた3.0リースを切れるという点も重要です。

次に、ギミック成立までの回しかたですが、ミリィ+時空転移プリンが揃えばデッキは全て掘れるので、課題としてはそれを揃えるまでどう回すかということがあります。ミリィは時空転移でもサーチできることを考えると、時空転移プリンへのアクセスが一番難しいです。時空転移プリンのアクセスのため、デッキを掘るイベントを撃つのは当然のことですが、このデッキで特徴的なのはミリィでランチタイム・アベニューを貼り直すことで、4.0リースとフィアッカの登場が続く限りデッキを掘り続けられるということです。この動きがあるので、デッキを掘れずに動きが止まってしまうということはほぼないでしょう。

場にミリィ、リース、時空転移プリン、手札にフィアッカという状態がコンボの完成型ですから、必要な手札は5枚です。天使様やコミュニケーション、身代わり+広瀬で手札が初手の8,9枚から増えることも考えると、結構余裕があります。その余裕でコレットを置いたり、時空転移や輸血パックによって潤滑します。

ミラーメタとして激辛そばを採用しました。更にミラーに厚くしたければ、メルト・ログティエ+ヴィノレタを積んだり、見習いを積んだりなど、色々な策があります。ぱっと探して見つからなかったですが、相手ターンに2点以上バーンできるキャラがいるといいですね。

解説は以上です。ムーンライト+フィアッカはオーガスト単のメインギミック(相当オーバーパワーだと認識していますが)ですし、エラッタはかけづらいですね。とりあえずの策としてミリィにエラッタをかけるというのは見えますが、本質的な問題はそこではありません。どういうことかというと、無限にデッキを掘れることが問題なのではなく、ムーンライトというフィアッカ、リースが登場する度に打点が入るカードが登場してしまったのがいけないのです。2012年度GP Finalのワンキルもそうです。リース、フィアッカが登場する度に未行動状態になるから、順風満帆による無限ドローが成立したのでした。ムーンライトは構築制限のカードですから、ミリィによる無限ドローを止めれば一応はワンキルは止まりますが、他にもデッキを無限に掘る方法は存在するわけで(例えば姫史愛生+プリンセスカード)、フィアッカとリースが生きている以上、登場を打点還元することさえできればワンキルは成立してしまうのだということを認識しなければなりません。
スポンサーサイト
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。